好きなことを好きなように書く所

ジャニーズのことを書きます

ジャニーズJr祭りたまアリ 個人的まとめ

たまアリ公演行ってきました。横アリ公演より客席に対する煽りが多く祭り感が増してより楽しくなってたな〜と思います。優斗くん多めにHiHi・B少年、他クラJ辺りを追いかけたツイッターで纏めきれず流せなかったレポとは呼べない感想とメモ。前半は公演中のあれこれ、後半は公演を見て思った優斗くん、東京B少年、そしてHiHiJetに対するあれこれになってます。

 

4.8 昼公演   夜公演 に参加

 

デジチケの機械トラブルにより開演が1時間以上遅れる。開演時間から30分を過ぎて姿の見えないジャニーズJr達によるメンバー紹介MC(雑談)が始まる。Mr.KINGから始まり途中から安井くんを中心に回す形に。ほんっっっとうに安井くん頑張ってた。こんな出来ジュと一緒にラジオできてる優斗くんめっちゃ恵まれてない…?と改めて感謝をする。

 

【開演前のMC】

Love-tune 紹介からの安井くんと言えば…で優斗くんの登場。

謙ちゃんと優斗くんのらじらー宣伝

優斗「帰りの電車で聞いて欲しいですね」

安井「ライブ終わりの優斗テンション高いからね」

優斗「wwww」(いつもの笑い声)

優斗「帰りの電車で気まずい(←謎)空間作ります!」

 

安井「優斗ローラー履いて俺の背中さするのやめてくれない?」

優斗「OP履いて出るんでしょうがないじゃかいですか!」

よろしくお願いします、からの優斗くんの所属グループHiHiJetの紹介に。

 

HiHiJet

瑞稀→涼→猪狩→優斗の順に自己紹介

「追加公演嬉しいですね」

さいたまスーパーアリーナは僕たち(瑞稀・涼・猪狩)はSexyZoneの時に来たのかな?」

「入って2回目でも広さにびっくりするよね」

(上の階のことを気にかけて)

涼「4階席の皆さんー!」

姿が見えずとも上の方まで気にかけてくれる出来ジュ涼様。

「(たまアリ初めての)優斗はどうなの?」

優斗「wwww」

優斗「いやー、みなさん、どうなんですか!?

どうなのと聞かれているにも関わらず客席にどうなんですかと聞いてくる愉快なやべぇ奴ことゆうぴー。(©︎安井くん)

「リハもやりましたけど、リハで筋肉痛やばいですよね」

「ローラースケートにぜひ注目してください!」

 

HiHiJetに続いてB少年の紹介。

東京B少年

藤井→岩崎→浮所→那須→龍我の順に自己紹介。

ちなみに浮所くんの自己紹介

浮所飛貴です!!(1人お声が大きい)」

藤井「緊張でしゃべるタイミングが難しい。今でさえこうなのに、ステージに出たらどうなっちゃうのか…」

一番印象に残ったのはたまアリの広さを表したかったと思われる誰かの謎発言「埼玉はのどかで空が高いですねー!」

 

HiHiB少年

HiHiJetと東京B少年が合わさるとどうなるんだっけ?とふられて「やっとく?」からの

「Ah HiHiB少年〜」

ここで突然「4.29からやります」とHiHiB少年でやるクリエの宣伝

 

その後各グループの紹介が終わり、「今日だけの先輩方の特別映像です!」という紹介の元17分間の今までのコンサート・舞台映像の総編集Vをみんなで眺める。デビューしたてのまだまだぺろいセクゾ映像に一番会場が沸いてたのさすがJr担が集まっただけあるなという感じ。

 

【登場曲で振り返る】

ウィークエンダー(KING)

*NEXT DREAM(HiHiJet)

*ユメタマゴ(東京B少年)

ノーマター・マター (Prince)

*IN THE STORM(SixTones)

*情熱の一夜(TravisJapan)

*ETERNAL MIND(Love-tune

*LIPS

*ミッドナイトシャッフル

サクラ咲ケ(KING以外)

OPからここまではみんなまとめてセンターステージから登場。Jrロードみたいに縦長になって自分の出番以外は手を叩いたりノリノリで動きながら待機。優斗くんは涼ちゃんと上手側登場口から一番近い位置に待機。下手側で待機していた大昇くんがお隣の中村海人くんと楽しそうにお話ししていた。ユメタマゴを歌うB少年を見て一気に保護者モードになる。

 

 *BYAKUYA(東京B少年)

BYAKUYAのイントロが流れ出した時点での会場の「おっ、きた」感がすごくてB少年の強さを感じる。那須くんをセンターにして那須→龍我→藤井→浮所・岩崎の順に歌ってた。那須くんが映った瞬間の会場のキャーがすごい。"このままじゃ 終われない"をなすりゅシンメが背中合わせで歌ってたのを見て1人キャーキャー騒ぐ。 サマパラを供に乗り越えたこのシンメが最高じゃん…お母さんと赤ちゃんなんて言われてるの見たけどJr界シンメではここを激推ししていくつもりです。

那須くんによるセリフ部分"BYAKUYA"待ちの間とそのあとのオタクによる発狂具合がすごい。わたしも毎回それやってた。那須くん顔面が完成され過ぎててびっくりしちゃう…。画面映るたびにかっこいいな!?!?って驚いてた。

 

SHE!HER!HER!(HiHiJet)

*HiHiJet(HiHiJet)

*FireBeat(HiHiJet 東京B少年)

HiHiじゃ〜〜と思いながらばっちり双眼鏡を構えて優斗くんをロックオンするとビジュアルが横アリに比べて洗練されて美しくなっており変な声を出す。FIREBEAT歌う前のローラー交換してる姿がバッチリ見えたのだけどうんしょ、うんしょって感じで脱げなかったら慌てるよな〜って思いちょっとハラハラしてしまう。もちろん間に合ってました!やった!

優斗くんのローラースケート履いた状態でのジャンプがしっかりと高さもあり着地もよろけずに決まってる姿に思わずグッときてしまう。これが見られた時点でこの公演入れてよかったと心の底から思った。

 

 *ジャニアイメドレー

A・RA・SHI

 嵐好きなだけあって優斗くんがノリノリで可愛い。手首回す振りが大きくてそれが伝わってきた。

→ジェットコースターロマンス→愛なんだ→LOVE YOU ONLY→Realface

→ええじゃないか

この間にセンターステージにHiHiはスタンドマイクを準備するんだけど、ゆといがのセットが遅め。瑞稀くんは最初のサビの出だし"ええじゃないか ええじゃないか"の振りをもうやってるんだけど、優斗くんはそこからマイクずっとつけてて2回目の"ええじゃないか ええじゃないか"から踊り出す

→ズッコケ男道

→Venus

HiHiはセンターステージ、B少年はメインステージ 順番にカメラに抜かれる。はしみずの熟練感と藤井くんの動きがすごく良かった。

チャンカパーナ

→Come on my House

後方花道にHiHiB少年で一列に。"Come on my house"のセリフは再び那須くん。那須くんの家行きたすぎるからセリフの後行く〜〜〜!って1人騒いでた。JUMP担としての血も騒ぎめちゃめちゃ楽しかった

抱いてセニョリータ→Midnighttrain(安井宮近京本寺西)→絆(ジェシー平野美勇人萩谷岸七五三掛)

→ガラスの10代(HiHiJet)

→EveryBodyGo(HiHiJet)

ここ2つはセンターステージ。涼様による煽りで"HiHi Go!"って言えて良かった。クリエでやるなら絶対はいはいゴーって言います。

→SexyZone(東京B少年)

メインステージ。"Sexy Rose…"のセリフは龍我くん。言う前にオタクが黙ったシーンとした空間でセリフを言う龍我くん最高に決まってる。佐藤の血って良いね…。セリフあるとカメラにビシッと抜かれて歓声がわっと湧くからオタクとしてとても嬉しい。

→5stars

→仮面舞踏会

メインステージ。優斗くんの歌詞の割り振りは先手側だった記憶。

→KEEP ON(新曲)

優斗くんは浮所くんと一緒のところを歌ってた!足をあげる振りがあるんだけどそこの龍我くんがめちゃくちゃかっこよかった。

 

MC

・メインステージ

・HiHiがはける時にマイクをB少年に渡す。涼ちゃんは膝をついて那須くんにお渡し。王子様かよ。那須くんが照れ笑いしながら受け取ってるの羨ましすぎた。

・お昼は浮所くんだけ合流するのが遅い。みんな前からスタンバイしてるのに直前ギリギリまで出てこなかった。

・夜は那須龍我大昇が早めにスタンバイして端の方でわちゃわちゃ。藤井くんは一旦出てきてすぐに戻ってたため、直前に浮所くんとともに出てきた。

MC部分(お昼のみ)

・HiHi

瑞稀→涼→猪狩→優斗

井上瑞稀です」「汗が止まらない橋本涼です」「みなさんこんにちは、猪狩蒼弥です」「髙橋優斗です」

さいたまスーパーアリーナ広いねー」

「でもまあ僕たち3人(優斗以外)は来たことあるからね」

優斗「もう会場が広くてEveryBodyGoでね、(フラフラで足が痛いのジェスチャー)」

(・・・・)

瑞稀「お、終わっちゃったね(笑)」

・B少年

 那須くん中心で回す。最後が龍我くん

龍我「相葉くんにあこ、あ、憧れている佐藤龍我です」

那須「すぐ顔赤くなっちゃう。かーわーいーいー」

オタク 『カワイイ〜♡』

ほらみろ!やっぱり龍我くんの前ではみんなかわいいしか言えないじゃないか!!

 

*テンション(HiHi Jet)

外周ぐるぐる。猪狩さんのコーナーの曲がり具合がやばい。湾岸ミッドナイトもびっくりな急な角度で曲がる。何より早い。ローラースケート履くと人格変わってない?ってレベル。かっこ良い。

 

*HoneyBeat(東京B少年)

語彙力が死んだのを自覚して言います。は〜〜〜〜かわいい!!!大昇くんがよく見えたんだけどニコニコで踊っててよかったよ〜!

 

*cha-cha-cháチャンピオン(TravisJapan)

・メインステージ

センターステージ側を見て1列目にHiHiが揃わなきゃいけないのに優斗くんだけ後ろを見たまま移動していない。それを見た猪狩くんが優斗くんの方を気にして「おいおい(笑)」みたいな反応をしていた。

・ローラー履いてるせいもあるんだけど優斗くんの足さばきが緩い。それがじわじわ来る。

・夜公演では奏くんとお話ししてにこにしてた。奏くんも優斗くんの方に首向けて笑ってたけど何話してたのか教えて欲しい。

 

*山手線外回り(TravisJapan)

美勇人・優斗・大昇(メインステージ)

優斗くんメインステージ上がる側の花道の坂が結構急だから街灯風電気につかまって勢いよく上がる姿がめ〜っちゃかっこ良かった。

 

*Fightingman(Mr.KING)

わだみなシンメじゃん〜〜!?って言いながらずっと見てた。和田くんのキリッとした顔と奏くんのニコニコ顔の対比がツボ。わだみなは良いぞ。

 

*mu-chu-de恋してる(Love-tune)

Jr祭り通して一番好きだったパフォーマンス。グループ名にぴったりだしキラキラした曲がメンバー1人1人に合っててこれはずるい!ってなった。Love-tune はカバーのチョイスにハズレがないよね!?羨ましい!

顕嵐くん「ボクのお姫様になってください」

担当だったら死んでた。

 

*PrincessPrince(Prince)

・ラスサビで使うマイク準備にわだみな。目立ちにくい黒の衣装着てるけど去り際もカッコ良い。

 

*Back to Back(HiHiJet 東京B少年)

*BE COOL(HiHiJet 東京B少年)

・B少年の上を優斗くんが足の間をつかって滑るやつ、成功した後の優斗くんの笑顔が嬉しそうでかわいい。一列に並んで団子になったB少年の上をJUMPして飛び越える猪狩くんかっこよすぎた。周りからも「お〜」って歓声が上がってて良かった。

 

*$10(SixTones)→バスケ

・バスケットゴールの横でボール回収係をしてた奏くんの気を張ってる感がすごく伝わって着た。マットも動かないように抑えたりものすごい出来ジュ。

 

*Hair(無所)

・わだみな作間大光。グレーのシャツに黒のベスト。カッコ良い。ほぼメイン扱いなの胸熱だった。さっくんの笑わない美しさ(©︎中島健人)を拝めて良かった。

 

 *GO!(HiHiJet 東京B少年)

優斗くんと那須くんのWゆうとによる追いかけっこ大運動会の開催!お昼はセンター→バック→西→メイン→センターで会場の半分を追いかけっこの全力疾走。那須くんが逃げ切って勝ち!センターに戻って着て那須くんの頭はたこうとする優斗くんの絡みに頬が緩む。

・夜も追いかけっこ!走って追いかけてる優斗くんが龍我くんに抱きとめられて2人でハグしてたのを目の前で見られたこと一生の自慢にしたい。そのあとは追いつけず今回も那須くんの勝ち!最後ジャンプして終わるときは那須くんとタイミングを合わせておもいっきりジャンプする優斗くん。

 

世界に一つだけの花

優斗くんのファンサ→連続投げチュー 

最後のカメラアピールは手をかざす動き

大昇浮所はピースサイン

 

*アンコール

優斗くんのファンサ→ぶりっ子ポーズ 、ホームラン

これほんっっっとかわいすぎてはぁ?って声出た。団扇になんて書いてあるのか見れなかったんだけど、手をあごの下あたりで組んで片足上げてコテンって感じのかわいいポーズ。

ホームラン打つファンサもかっこよかった〜。さすが野球部!って感じのスウィングでした。

 

その他

那須くんの紳士的なじゃんけんファンサ。物腰低すぎ。じゃんけんしてるだけなのに気品を感じる清らかな空間になってた。那須くんは結構アピール激し目の人たちのファンサに対応していたイメージ。

・涼ちゃん 階段降り側に頭上にみつけたファンサ団扇に向かって投げチュー

那須くんが背高そうなオーラあるのに意外と小さいのかわいい。170ある優斗くんがローラー履くと余計背が高くなるのもあって並んだ時の身長さがより際立ってたのが横から見た感想。

 

………………

優斗担としてはもうほんとに感動してしまった。あんなによたよたしていたローラスケート今回颯爽と滑っていてかっこよかった。転ばなかったし、止まる所はぴたっと止まる。ダンスもキビキビと踊れるようになっていた。あとお手振りが上の方を意識するようになってた。横アリの時はアリーナにしか手を振ってない印象だったから体力的にも精神的にも余裕が出てきたかな?と本当に嬉しかった。あともうしつこいくらい言うけどビジュアルがここにきてめっちゃ洗練された。横アリからの短期間で何が合った…!?ってくらい美しくなってた。担当でよかった最高ありがとうって思える公演に入れて本当に幸せだと思う。

 

同時に東京B少年の勢いのすごさが想像以上だった。担当や担当グループを持ってる方でもそのほかに話題として出て来るのがまず東京B少年って印象。特に那須くんと浮所くん。

HiHiJetの方が先輩グループで一緒に活動することが多いけど、勢いだと圧倒的に負けてる印象で担当を持ってる身としてはお腹がキリキリする。ローラスケートはすごいんだけど、映像になるとお顔がよく見えない・カメラアピールができないって点があるからオタクに響きやすいかって言うと難しいとは感じる。ここの滑り方すごくない!?ここの回るとこかっこ良い!って担当だから興奮できるんだけど、他の人から共感は得られにくい。ローラスケート、すごいんだけどな。

今の所ハイBで活動する以外はほぼ全てローラスケートを履いたパフォーマンスをしているので1つダンスや歌でアピールできるものがあるともう少し強くなれるのかなと考えたり。たとえばLove-tuneバンドグループだけどバンドパフォーマンスと歌・ダンスパフォーマンスで分けてるし、他のグループも自分たちの武器を1つだけで勝負してる所はないと思う。なのでローラスケート1本軸に絞るのではなくできたらいいよねとは思う。もちろん、ローラスケートはすごい武器だからぜったい無くしてほしくない。と言うかなくなったらHiHiJetじゃなくなってしまう。そこら辺はグループ本人たちだけで決めれない事情があると思うので難しいんだろうな。本人たちが一番感じてるかもしれないし。

うだうだ語ってしまったけど、ぶっちゃけグループを俯瞰できてる瑞稀パイセンがいる限り大丈夫だとは思ってます。頼みます。

 B少年は日に日にキラキラしていってるのがま〜すごい!応援しててこんなにワクワクするのかってくらい楽しいもん。みんながどういう性格で自分はどのポジションにつけば良いのか判断が早かった那須くんのお陰でトークのテンポとかも良いし。本人たちが個性的なグループ!って言ってるので5人全員キャラ立ちできてるみたいなので、それもまたすごい強みになりそう。SexyZoneを歌っていたけど、正に時代を創る側になれると思います。

………………

 

Jr祭りの勢いもそのままHiHiB少年のクリエ公演が始まるので、そこでどんな姿が見れるのか、今からすごく楽しみです。まだ始まってもないけれど最高の公演になると思っています。

 

 

 

HiHiJetと東京B少年のメンバーを覚えたらもっと楽しくなるからみんなに紹介したい

最近、前にも増してtwitterを開くのが楽しい。なぜなら横アリでのJr祭りが終わって東京B少年に興味を持ってくれている人が増えたと感じられるから。好きなものは共感できる人が増えれば増えるほど楽しいし、コンサートでの歓声が増えれば増えるほどうれしい。なので、この機会にみんながますます東京B少年、そしてご一緒する機会が多いHiHiJet。この2つのグループを好きになってくれるようグループメンバーの基本的なプロフィールをまとめてみることにしました。比較がしやすいように並べてあるのでよければ参考にしてください。

 

 

①顔と名前を把握しよう

f:id:torinonme:20170330162125j:image

HiHi Jet(左から井上瑞稀、髙橋優斗、橋本涼、猪狩蒼弥 )

f:id:torinonme:20170330162229p:image

東京B少年(左から佐藤龍我、浮所飛貴、藤井直樹、岩崎大昇、那須雄登)

これが合わさると

f:id:torinonme:20170330163937j:image HiHiB少年になります 。

 

 

②あなたのツボに当てはまる子を見つけてみよう

自分が今まで担当してきたアイドルを思い浮かべていただいて「わたしってこういう子が好きなんだな」というポイントを下の表と見比べながら見つけてみてください。個人的な好みの範囲ですが、メンバーをピックアップしてみました。人によっては共通点が1つもないなんてこともあるかもしれませんが、全く問題ありません。なんとなく、"こういう属性を持っているのだな"と把握できたらより楽しくなるってだけなので。

f:id:torinonme:20170402145606p:image

 ※髙橋と佐藤に関しては優斗、龍我表記にしてます。

 

 自分で書いておいてなんですが、浮所くんの幅広いな。わたしの好みの問題なのかもしれない…。

わたしの歴代の担当は嵐の二宮和也くんとHey!Say!JUMPの伊野尾慧くん。この表で言うと色白は性癖上ハズレがなく、犬っぽい(二宮)、妹持ち(伊野尾)、器用(二宮)、野球(二宮)、頭脳派(伊野尾)の項目が気になる項目でした。もちろんあくまで目安なので、ご自身の新たな好きのツボを広げるためにもいろんな子を見てみて下さい。  

 

 

③生年月日を見てみよう

f:id:torinonme:20170330170544p:image

わーい!2000年代生まれだらけだー!

2000年代生まれってだけで一瞬手を引いた方が良いかな…って思った人もいるかもしれない。でも大丈夫。髙橋優斗くんはギリギリ90年代生まれです!!だから大丈夫です。

HiHi担に関しては9〜11月までノンストップにお祝いだし、ハイB担に関しては8〜2月までノンストップでお祝いが続きます。やったね!

グループ内の年齢差やシンメ、同期の年齢差をチェックするのにも是非使ってください。

2017年度の学年で言うと、上から

高3

f:id:torinonme:20170330224219j:image

高2

f:id:torinonme:20170330224255j:image

f:id:torinonme:20170330224328j:image

f:id:torinonme:20170330224339j:image

高1

f:id:torinonme:20170330224428j:image

f:id:torinonme:20170330224415j:image

中3

f:id:torinonme:20170330224440j:imagef:id:torinonme:20170330224455j:imagef:id:torinonme:20170330224527j:image

 

になります。

 

④入所日を見てみよう

生年月日を見たところで早速行きます。"年齢では年上だけど事務所に入ったのは早いので先輩"あるある。

f:id:torinonme:20170330174620p:image見ての通り橋本涼くんと井上瑞稀くんが大大大大先輩なんですね。9才の頃からお仕事してるということで、お手元に取ってある昔のドル誌がありましたら是非見つけてみてください。

 f:id:torinonme:20170330225011j:imagef:id:torinonme:20170330225216j:image

(バブ味がすごい……)

 

まとめると

HiHi Jet

年齢順:優斗>井上・橋本>>猪狩

入所順:橋本≧井上>>>>猪狩>>優斗

B少年

年齢順:藤井> 那須・浮所>岩崎・龍我

入所順:岩崎>藤井≧那須・浮所≧龍我

になります。

HiHiはベテラン2人と中間の猪狩くん、そしてフレッシュな優斗くんの4人組。

B少年は2015年と2016年入所が集まったフレッシュさに溢れるグループとなっています。

 

⑤ 出身地を見てみよう

f:id:torinonme:20170330182437p:image

あまりの神奈川率に驚いてしまった。神奈川県担の子は選び放題です!出身地といえば千葉県出身の子は最高だなって言われてる(?)と思うんだけど、それに該当するのが藤井くん。みんな、藤井くんは千葉出身だよ!!(大声) 

 

⑥血液型を見てみよう

これによってNEWSの「恋のABO」が歌えるかどうかが決まるので個人的には重要視してます。

f:id:torinonme:20170330183049p:image

ちなみに龍我くんは血液型は調べていないのでわからないとのことです。私の血液型界の担当はA型ですがお気に入りの子の血液型は何型でしたか?

 とりあえずHiHiB少年としては「恋のABO」は歌うことができるということで、今後の活動に期待したいと思います。 

 

⑦きょうだい構成をみてみる

ハイBみんなきょうだい持ちなんですね。

 f:id:torinonme:20170330210506p:image

姉のいる弟メンツの「わかる」感がすごい。きょうだいエピソードはみんなたまにしてくれているけれど、瑞稀くんと弟さん、藤井くんとお姉さんのエピソードがなかなかに面白いです。個人別のところで紹介してありますので興味ある方はぜひ。

 

⑧それぞれのメンバーをみてみよう

ここにくるまでにそろそろ顔と名前が一致してきた方も多いと思います。雑誌に載っていたエピソードなどを少しずつ拾ってあるので興味が出てきた子だけでもぜひみてみてください。

 

HiHi Jet

瑞稀くん曰くちびっこJrの中では"技術"売りのグループ
井上 瑞稀(いのうえ みずき)

f:id:torinonme:20170330225333j:image
2000年10月31日生まれ
神奈川県出身 AB型
名前の由来 みずみずしく育つ樹
きょうだい 弟(4才下)
特技 アクロバット
入所日 2009年10月3日
入所のきっかけ 音楽番組で『真夜中のシャドーボーイ』を歌う山田くんにあこがれて
あこがれの先輩 山田涼介

出演番組 Rの法則

・HiHi Jetのパフォーマンスの柱

要領がよい。ダンスの振り付けに変更があっても、すぐに理解して対応ができる。 

・面倒見もよく新人の子に積極的に話しかけているらしいが、常に面白い子を探しているらしい。岩崎も初めて話しかけてもらった先輩と言っている。

 ・人の特技を奪うのが好きでダンク、ジャグリング、バトン、タップダンスなど勝手に練習していた。優斗には「特技つぶし」と言われている。

・オンとオフでは全然違うタイプ。ただ仕事の時は時間に厳しい方で、遅刻は絶対にしたくない。
橋本「瑞稀は昔からきっちりしてる。やることちゃんとやってるし。」

・テンションの上げ下げが激しい。眠たがりで赤ちゃんみたいにすぐに寝てしまう。
"眠い時がダメなんだよね。そうやってオレが機嫌悪いときに、ツッコんでくるのは猪狩と優斗ぐらい。あと岩崎大昇。"

・かなりの負けず嫌い。弟も非常に優秀らしく、大人げない対応をしている。
"いままで平均よりやや上って感じだった成績表に最大評価の項目が増えた!さっそく家族に報告したの。そしたら、とき同じくして、弟がバスケの県大会に選ばれる…っていう快挙を成し遂げたもんだから、家の話題は弟中心に。すねた俺は、弟から「代表に選ばれたよ」って来たメールに「オレはジャニーズに選ばれた男だけどね」って返事しちゃった。兄として、少し大人げなかったかな(苦笑)"

"実は弟がすごくモテて、毎年数えきれないほどもらってくるんだよ。食べきれないぶんは、もったいないから俺や家族で食べるという…。"

 ・2015年の秋ごろに“瑞稀会”ができた。メンバーはHiHiJetのほか岩崎大昇、佐々木大光、今野大輝、和田優希、末武幸紘など。ルールは"消極的にならないこと"

・少々ひねくれた食生活をしている

斗「一緒にごはんいってもあの人、野菜を食べない。食べない自分にプライドを持ち始めてるんだよね。そこは理解不能(笑)。で、次の日に野菜味のお菓子を買ってたから「それじゃ野菜取れないよ」って言ったら、「箱の後ろ見て。栄養入ってるから!」って。そういう会話のやり取りも面白い。」

・なぜか男にモテるらしい。授業でラグビーの試合が終わった後40人くらいに囲まれて"かっこよかったよ"と言われたが全員男だった。また、Jrの先輩・後輩からもよく絡まれている。
森田美勇人くんと

"すごいかまちょで(サマステの)本番中にもめっちゃ絡んでくるから仕方なく遊んであげてたの。…オレより6つぐらい年上だけどね。"
永瀬廉くんと

"サマステでも、本番前「ちょっと待ってて!」って、オレをスタンバイさせてくれないし、廉が着替えるまでオレのこと解放してくれないし、本番中もやたらと肩組んでくるし、楽屋に戻るときはオレと手つなぎたがるし。"
猪狩くんと

猪狩もオレのこと大好きなはず。だって目が合うと、投げチューとかしてくるからね。

 

……

瑞稀くんは自分を成長させるのも人が成長できるようサポートするのも本当に上手だと思います。生まれ変わったらわたしの上司になってくれないかな。東京ドームのど真ん中で瑞稀くんがスポットライトを浴びて踊る姿が1日でも早く見れますように!

……

 

橋本 涼(はしもと りょう)

f:id:torinonme:20170330225540j:image
2000年10月30日生まれ
神奈川県出身 O型
名前の由来 お父さんが“さんずい”の付く漢字一文字の名前で、それと似た字
きょうだい 姉(3才上)
ペット パピヨン。名前はティアラ。
特技 人間観察

入所日 2009年10月
入所のきっかけ 小さいころ、観に行った『DREAM BOYS』に出ている亀梨くんにあこがれて
あこがれの先輩 亀梨和也

出演番組 Rの法則

 

・HiHiJetの中でいちばんのイケメン、いちばんのアイドルとメンバーから言われている

・人見知りが多いHiHiJetの中で、知らない人と会う場所が得意な自他ともに認める社交的で裏表のない性格
瑞稀「はしもっちゃんはぽわーんとした自由人で、オレは法律に従って生きてるみたいな、性格は正反対なんだよね。真逆だからこそイラっとすることもあるよ。でも、向こうはコミュニケーション能力が異常に高くて、スタッフさんとも仲がいいから、そこで助かっている部分もあるし。お互い足りないものを補えている関係」

ちょっと抜けて(おバカな)部分がある。『Oh! サマーKING』の「信号で止まるたび」という歌詞を「心臓が止まるたび」とずっと歌っていたらしい。

猪狩「はしもっちゃんは、しっかりしてるけど、時々抜けて何言ってるかわからないことがあって面白い」

(一番勉強が得意なのは?)

優斗「俺が言うのもあれだけどはしもっちゃんではないよね?」
橋本「まぁ頭はよくないよね。」
優斗「いや、だからこそ天然で人にやさしくできるというか、バカだからこそ計算じゃない優しさが感じられるというか…」

・亀梨くんが大好き。ジャニーズアイランドのスペシャルゲストで亀梨くんが来てくれた際はリハの時間が長引いて亀梨くんが見れなくなるかもしれないとめちゃくちゃイライラしていた。

・2016年のジャニーズ銀座を見てからは立派なLove-tuneらしい。特に萩谷くんが大好きらしく度々名前が出てくる。

 

……

ザ・アイドル。生きてるだけでキラキラしてる。存在がファンサ。その微笑みはまさに王子様。わたしが中学生だったら"涼ちゃんのお姫様にして♡"団扇を持ってました。
昔は本当にやんちゃで…って度々話しているのがかわいい。その分今は、年上だけど後輩の人とかにも「敬語じゃなくていいよ」って言ったり、後輩にも自分にはフランクに接してもらえるように気を遣ったりとちゃんとしたいと思ってると言ってたのがすごく好きです。年齢と共に考え方が成長しているのに触れられるとかやっぱりアイドルは最高。

……

 

猪狩 蒼弥(いがり そうや)

f:id:torinonme:20170330230744j:image
2002年9月20日生まれ
東京都出身 A型
名前の由来 「蒼」は空からきてるらしい。姉弟も自然に関わる名前。
きょうだい 姉(2才上)、弟(5才下)
ペット 猫。名前はシャイン。
特技 ローラースケート

入所日 2013年6月
入所きっかけ ローラースケートをやっていたらジャニーさんに“入っちゃわない?”と言われて
あこがれの先輩 北山宏光 ちなみに伊野尾慧は愛しているとのこと

 

・ローラースケートが得意。小4からずっとやっている

・テレビでアーチェリーをする伊野尾くんを見て以来、その美しさに夢中らしい。本人曰く北山くんへの愛は“Like”、伊野尾君への愛は”Love"らしい。

・スーツにハットといった中学生とは思えない背伸びをしたファッションをしている

 ・人との距離が近い。特に瑞稀くん
猪狩「(いちばんかまってちゃんなのは)俺じゃない?特に瑞稀くんのことが本当に好き!」
井上「べたべたしてくるからヤダ」
猪狩「「ヤダ~」とか言ってる瑞稀くんが最終的には俺のこと受け入れてくれるのがいいの。」

 瑞稀「猪狩はなんか面倒くさい。基本、顔が近い!」

語彙力が豊富。瑞稀くん曰く"その年でその言葉、日常生活で使うか!?"っていう言葉のチョイスをし、笑いをかっさらっている。小学生の頃から寝る前に偉人伝を読むのが習慣らしく、普段からよく本を読んでいるおかげかもしれない。
「(サマステのパフォーマンスについて)タイヤでタイヤを動かすっていう頭痛が痛いみたいなパフォーマンスもあるし。」

(ガを殺すっていう言い方はどうかなと言われ)「わかりました。じゃあガを殺(あや)める」

「イガリービジョン的には、制服は着崩さない方がいいと思います」

 ・記者会見など迂闊なことを言えず黙りがちな場面でスッとマイクを持って話し出す度胸がある

・先輩にも面白いと気に入られている。最近はSixTONESに仲良くしてもらっているらしい。

・年下の後輩Jrにも慕われている模様

・決断力が高くしっかりしている。瑞稀や優斗を含むメンバーと某夢の国に行ったときには周り方を全部決めてくれた。

瑞稀「(2016年のクリエの曲順について)全然まとまらなくて、考えすぎて頭が痛くなってきて…。「頭痛くて死ぬ」って言って寝て起きたら、猪狩がやってくれてた(笑)」

 

……

 猪狩くんはHiHiJetのことが大好きなようでメンバー愛ならだれにも負けないよ!と言ってくれているのがたまらなく愛しいです。Jr祭りの際、ファンに手を振ってる時に「あ、ありがとうございます」ってめっちゃペコペコしている姿は完全に営業マンでした。わたしの会社にも猪狩くんが欲しいです。

……

髙橋 優斗(たかはし ゆうと)

f:id:torinonme:20170330231016j:image
1999年11月15日
神奈川県出身 A型
名前の由来 優しくすぐれた人になってほしい
きょうだい 弟(2才下)
ペット 雑種の猫。名前は福。
特技 野球

入所日 2015年5月16日
入所のきっかけ 中学の時に芸能界に興味を持つようになりお母さんに履歴書を送ってもらった
あこがれの先輩 二宮和也

出演番組

Rの法則NHKらじらー!サタデー 21時台

 

・小2から事務所に入る高1まで野球を続けていた。ポジションはピッチャー。2016年のJohnny’s野球大会ではファインプレーショーももらっている。ちなみに横浜ベイスターズファン。

・本人曰く「野球以外はなにもできない」らしく勉強も運動も努力して頑張るタイプ

・おしゃべりが好きなのでトーク力を磨きたい!と言っている。ただし面白いかどうかは謎。瑞稀くん曰く「何いってるか分からなくてムチャクチャつまらないところが逆に面白いの(笑)」らしい。いつか二宮くんとバラエティで共演するのが夢。

・ものすごい怖がり。お化け屋敷では怖さを紛らわすために大声で歌い出す始末。トランポリンの上でもアクロバットに挑戦できずピョンピョンしているだけだった。ただし虫(ゴキブリ以外)はへっちゃら

・私服のセンスがなく度々いじられている。
"白地に青のストライプが入ったトップスを着てたら、コンビニの店員みたいってまわりのJrにばかにされたな…。"

また、ボーダーのセットアップは囚人と突っ込まれたらしい。

「しゃべらなければかっこいい」と言われるタイプ。ジャニーズに入る前、学校で優斗を見ようとして女の子が集まってしまったことがある。ただしバレンタインデーに本命のチョコは1個もなかった。

・ムードメーカーでいじられ役。岩崎や浮所の絡みを正面から受け取りギャーギャー騒いでいる
瑞稀「優斗って精神年齢でいえば最年少だもん」
橋本「そうそう。精神年齢でオレと優斗が小3、瑞稀が高1、猪狩が大学2年だもんね(笑)」

 

新しめの2人に対する瑞稀くんの言葉
瑞稀「でもさ、オレとはしもっちゃんだと、ついマジメになりすぎちゃうところがあるじゃない?でも優斗や猪狩が一緒になったことで“このユニットって、こういうおもしろい顔を持っているんだ”って新しい一面を知ってもらえるようになった気がする」

 

……

担当です。黙っていれば保健室にいそうな男の子(主に肌の白さ)なのに、口を開いた瞬間にそのイメージが見事に崩れ去る野球部育ちの男子ってところが好きです。ジャニーズJrの安井謙太郎くんと共に行なっているラジオではキャハキャハと笑う元気な声を毎週聞かせてくれるので1度聞いてみてください。

本当に不器用だけど努力家なのをメンバーも知ってくれています。頑張れ、優斗くん!

……

 

 

東京B少年

フレッシュさとキャラの濃さが強み。

ジャニーさんには「君たちは王道のアイドル路線で行くんだよ!」と言われている。

 

藤井 直樹(ふじい なおき)

f:id:torinonme:20170330232153j:image
2000年9月18日生まれ
千葉県出身 O型
名前の由来 まっすぐ、樹木のように育ってほしい、という母親の願いから
きょうだい 姉
特技 ダンス、タップ

入所日 2016年1月23日
入所のきっかけ
あこがれの先輩 山田涼介

 

・身長161cm。東京B少年の中では一番小さな最年長

・ダンスはお姉ちゃんの影響で始めた。

ハキハキしていて良い悪いをばさっと言うタイプ

・ジェットコースターやホラー映画などスリルが大好き。高いところも全然平気らしい。

・ドナル◯ダックが大好き

・姉持ちの弟らしいエピソードをよくドル誌で話してくれている
"お母さんがお姉ちゃんのばかり優先するのにイライラする。ご飯を食べに行くときもお姉ちゃんが行きたい店ばかり行く。"

"そういえば去年、いつも何もしない姉が「はい、プレゼント」って言ってボクの好きなキャラクターのタオルをくれたんだ。姉に何があったんだろう(笑)?"

"女子のワガママは受け止められる寛大さがあると思う。っていうのもお姉ちゃんに鍛えられてるから(笑)本当にわがままなんだよ。すぐ物が取れる距離にいるのに『取って〜』って言ってくるし。"

なんだかんだ言うことを聞いてしまうので悔しいとのこと。

 

……

外周移動してる時も笑顔とお手振りに全く手を抜かない藤井くん。まるで夢の国のキャラクターばりの対応の眩しさで現場に居合わせたお姉さま達を次から次へと釣っています。こ〜んなににこにこしてるのにホラーもスリルも大好き!って言うのが100点満点のギャップ。

……

 

那須 雄登(なす ゆうと)

f:id:torinonme:20170330232217j:image
2002年1月16日
東京都出身 B型
名前の由来 逆境に負けず人生を膨大な姿勢で登ってほしいという両親の願いから
きょうだい 弟
特技 勉強、野球

入所日 2016年4月13日
入所のきっかけ 親戚の応募
あこがれの先輩 櫻井翔中島健人

 

特技に勉強を挙げるかなりのインテリ。メンバーからは真面目すぎと言われており、「彼女が待ち合わせに遅刻したら"◯分待ったよ"とか言ってきそう」と言われる始末。本人はもちろん否定している。

・部活は野球部、科学研究会、社会研究会の3つに所属していた。特技の野球は幼稚園の頃からやっていた。ポジションはショートとピッチャー。

 ・テンションの差が激しいらしく、よくわからないタイミングで騒ぎ出す

・髪をセットするのがうまく他のメンバーの髪もセットしている

 

……

Jr祭りでは圧倒的顔面力からの"BYAKUYA"で大量にファンを獲得していました。那須くんは手を差し出す動きをよくやってくれると思うのですがその角度が完璧。王子様。入所からわずかな期間でグループのポジションだったりとか自分は仕切り役に回ろうとか考えて動いているので、これからどんどん成長していくのだろうと思います。ますます那須くんから目を離せません。那須くん、B少年のことよろしくお願いしますね。

……

 


佐藤 龍我(さとう りゅうが)

f:id:torinonme:20170330232302j:image
2002年12月17日
神奈川県出身 ?型
名前の由来 お父さんが坂本龍馬が好きで「龍」をつけたかったから
きょうだい 弟・妹
特技 ダンス

入所日 2016年6月
入所のきっかけ お母さんの友達に勧められて
あこがれの先輩 相葉雅紀松島聡

 

・最年少。HiHiとB少年のメンバーから「龍我はかわいいから」と何かと言われている。そのかわいさから優斗のほっぺにチューすることを許された。

(ダチョウ倶楽部のノリでチューをしないわけにはいかない雰囲気になって)

優斗「普通だったら"ざけんな!"って何がなんでも拒否るところ、龍我かわいいから…まっいいかってなった(笑)」

・10才下の妹がかわいくて一緒に遊ぶとすごく和むらしい

体育以外の勉強は苦手。走ることと小1からやっていたダンス(ヒップホップ)はすごく得意。

・普段はおとなしいがスイッチが入ると暴れる。シャワーでシャンプーを流す浮所に対し上からシャンプーをかけ続けるイタズラもしている。

・手足が長い。腕が長すぎてジュニアマンションでは隣に腕がバンバン当たって物理的な武器になっている。

 

……

Jr祭りでは"Sexy Rose…"のセリフを言っていました。担当です(2人目)。本当にかわいい。何がかわいいって言うと存在がかわいい。彼を前にするとかわいい以外の語彙力が死にます。カメラアピールはほとんどしないけど存在がかわいいから十分アピールになってる。かわいい。あと少クラとかみてると手足が長すぎることに見るたびに驚いてます。

……

 

 岩崎 大昇(いわさき たいしょう)

f:id:torinonme:20170401230006j:image
2002年8月23日
神奈川県出身 O型
名前の由来 大きくなって、何事にも昇っていってほしいという親の願いから
きょうだい 姉
ペット ポメラニアン。名前はクレア。
特技 バレーボール
入所日 2015年5月2日
入所のきっかけ 親戚にすすめられた
あこがれの先輩 二宮和也

・陽気でいつもうるさい


那須くん曰く「ギャグセンが高いが不思議系


・料理が好き。得意料理はチャーハン。


・本人曰く美食家。美味しいご飯の情報をよく仕入れているらしい。


先輩のことが大好きで大好きでしょうがないらしい。最近はTravisJapanのみなさんにくっついて回っている。ダル絡みが多いがそれがかわいくて兄貴心をくすぐられるとのこと。
"紫耀くんがつけてるネックレスがかっこよくて「ちょうだいちょうだい」って言ってたの。そしたらある日、紫耀くんが後ろからきて僕の首にネックレスをかけてプレゼントしてくれた!もう、うれしくってニヤケっぱなし(笑)"
後ろからネックレスしてもらうなんてそりゃ夢見る女の子もびっくりなシチュエーションでもらったと思われるネックレスは雑誌でもしばらくつけていたのでよっぽど嬉しかったのだと思われる。

 

……

「ヘイ!たいしょう(大昇)!」「いらっしゃ〜い」を自己紹介鉄板ネタとしてもっと浸透させほしい今日この頃(SexyZone『勝利の日まで』のメイキングで勝利くんに振られていた)。大昇くんは本当に先輩方のお話が多くて大好きなんだな〜とほっこりします。年下のかまちょな男の子っていいですよね。あと優斗くんと同じくお肌が本当に白くて羨ましい。その色素ください。

……

 

浮所 飛貴(うきしょ ひだか)

f:id:torinonme:20170330232733j:image
2002年2月27日
愛知県出身 B型
名前の由来 お母さんが出産のために入院していた病院のエレベーターのポスターに「穂高山」と書いてあるのを見て。いつのまにか“ほだか”から“ひだか”に。
きょうだい 弟、妹
特技 テニス

入所日 2016年4月
あこがれの先輩 中島健人

 

・男子校出身
(学校の掃除当番あるあるエピソードのついて)
浮所「オレは基本的に、右手にホウキを持って左手にチリトリを持ってチャンバラごっこ」
優斗「くっだらないことやってるなー。それ女子に怒られるやつだよ。」
浮所「申し訳ないけど男子校(笑)」

(理想の放課後について)
橋本「じゃあ、浮所の理想の放課後は?あるでしょ、女の子との理想。」
浮所「ボク、男子校なんですよ。」
橋本「そういうときこそ、夢を見ろよ」
浮所「なるほど!じゃあ、女の子としゃべりたいです!」

・ジュニアに入るまではテニス部に所属していた。強豪校だが1年でレギュラーになる実力を持つ。

・野球大会がオーディションだった

橋本「最初に浮所に目をつけたのは俺だと思ってる」

野球大会の時に“(平野)紫耀似のイケメンがいる”と言いまわっていた橋本

天然で少し抜けているエピソードが多い。

ジェットコースターのことをロケットバズーカと言う

「計算高い男」という意味で計算の男だと言われて「僕、意外と数学得意だよ♪」と返す

ピンク色と言われてどう考えてもオレンジ色のものを指差す

など。ただし頭はよく要領は良いらしい。
優斗「浮所は天然だけど頭いいんだよ」
瑞稀「これ、頭いい人の特徴なんだけど、普通のことができないんだよね」
橋本「そうそう。抜けてるところがあるんだよ、少し。」

 優斗「浮所は怖いもの知らずだから、失敗しても何度も挑戦して、そのうちヒョイっとできちゃうタイプ。」

 

・明るい盛り上げ役。人見知りもなくみんなの前で話すのが得意。

藤井「浮所と同じクラスになったらさ、何もしてないときでも「何してんの?」とか言ってきそう…。」

岩崎・龍我・那須「あ〜。言ってきそう(笑)」

・ファンサできるかできないかの曖昧な踊りの部分で真っ先にファンサを選ぶので藤井くん曰く「あいつはズルい(笑)」。本人は踊っているとファンサしたくなってしまうらしい。

・お調子者でメンバーをいつも困らせている。スタンバイがギリギリだったりダンスの練習中にいつのまにかいなくなっていたり。叱るのは那須くん。

 

……

3月30日に放送された少クラでは席順がくじ引きにも関わらず、カメラに常に映る席を引き当て、おまけにマイクを持つ権利も貰っていたり本当にもってる男です。浮所くんのエピソードは見れば見るほど面白く長くなってしまいましたが、誰からも愛されるアイドルになれるだろうなと思います。
あと浮所くん好きになったら絶対3月1日に放送された少クラのHiHiJetと東京B少年による「Thank youじゃん!」を見てください。これみんなほんと〜〜にかわいいですが浮所くんのピースがかわいすぎてひっくり返ります。

……

 

 

大雑把な紹介になってしまいましたが、少しはHiHi Jetと東京B少年のことを知れたでしょうか。

JetでdoするBeautifulなboys達のこと、みんなもっと好きになってください。

 

12.23~side Jr~ARASHI LIVE TOUR ”Japonism”in TOKYO 備忘録

ジャポコン東京初日、行ってきました。ここ1年の間ですっかりジャニオタ化が進み、ガムシャラ、さらにはジャニーズジュニアランドの映像を友人に見せてもらうようになり(もう末期かもしれない)すっかりJrの子たちの虜に。

嵐のバックに長年ついているJrでも顔は分かっても名前と一致しなかったり。パッと見てわかるのはおなじみThey 武道とコタ…松本幸大さんしか自信がない。そこで今回のコンサートにあたって”They武道以外のJrで印象に残った子を覚えて帰る”ことを目標に”Jrもよく見る”という人生初めてのコンサートを体験。Jrのパフォーマンスが素晴らしくてますます楽しいコンサートとなりました。

席は舞台下手側正面花道横。双眼鏡を使ってJrを確かめる器量を持っていない初心者野郎にとってはこれでもかというくらい持って来いな席です。

さて、結果から言うとほとんどTravis Japanの子を見ていたことを家に帰ってから知りました。今まで見たことない子たちだったから余計に新鮮だったのかもしれません。自分の初コンタクトで印象に残った子(ほぼトラジャ)についてメモ代わりに残したいと思います。(こんな風に書き始めたけど全然違うJrのこと言ってる…なんてオチもあり得そうなので、早くDVD見て答え合わせをしたい。どうか大らかな目で見てください)

  

振り返ると大体”パフォーマンスが印象的だった”か”顔が好みだった”の二種類に分けることができました。

”パフォーマンスが印象的だった”部門

①梶山朝日(Travis Japan)

噂のTravis Japan!!!

(嵐が雑誌で「すごく人気があるんだって」と言っていたので)

2曲目miyabi-nightにてステージ下手側一番端で一番笑顔でダイナミックに、なおかつ歌を口ずさみながら踊っていてまさに視線泥棒だった彼。相葉君の後ろについていたのですが、当然まず相葉君にときめくんですけど、「相葉君♡」(梶山くんが気になる)→「相葉くんかっこいい♡」(梶山君を視界にとらえる)→以下この曲中ひたすら繰り返していました。

「うんうん、つい見ちゃう子っているよね。でもなんで彼を最初に挙げようと思ったの?」

顔がものすごく印象的だったからです。私の顔の好みは基本的に童顔だったり”かわいい”と言われる部類なのですが、梶山朝日くんは顔が濃いのでしょうか、眉が濃いのでしょうか、キリッとしたイケメンです。記憶に強く残っていたおかげで家でオタ誌を開いてすぐに「この子だ」と特定することができたのですが、プロフィールを見て驚くこととなります。

1998年11月9日生まれ(Travis Japan最年少メンバー

いろいろと驚きすぎて3度見くらいしました。顔立ちがすごく、いやものすごく大人っぽいので私が知らなかっただけで長年嵐のバックについていてくれたJrなんだろうと思っていたら、まさか初参加組のTravis Japan。しかも98年生まれ。まさかの10代、自分より年下です。極めつけにグループ最年少メンバー。最年少メンバーって沼要素の一つじゃん…ヤダ……。

 

②今野貴之

Believeの時花道で踊っていたJr。その踊る姿とサビの歌詞が相まって生まれて初めてJrを見て涙ぐむ経験をしました。

そう 僕らはずっと待ってる いつまでだって待ってる

どこまでも続いていく 道で

心にずっと抱いてる この夢きっと叶うはず

泣いて笑って 進んでゆく

最初Jrではなく後ろの方にいる嵐を見ようと目線を動かしていたらふと目に入って目が離せなくなったあげく、リリースから5年後にしてようやくBelieveの歌詞の良さにも気づかせてくれたJr。真剣に踊っているのに浮かべた笑顔をひっこめる姿がまったく見えなかったのがすごく印象的でした。

さて、名前を調べてから気づく。「この子、詩吟やってた子だ…!」 そうです、summary2010DVDで見ました。そういえばスマスマ×Jr100人の時にも詩吟披露していた子だ…といろいろな記憶がつながってびっくりです。基本舞台で活動しているのでしょうか。泣いて笑って進むアイドル今野くんの夢はなんでしょうか。私、気になります。


③宮近海斗(Travis Japan)

今年はお兄ちゃんガチャからガムシャラまでたくさん見れたので、舞台でもすぐに宮近君だ!!とわかりました。日本人離れした顔立ちでついつい目がひかれる宮近君。そんな宮近くんですがアンコールA・RA・SHIの時に目の前で踊る姿が非常に印象的でした。A・RA・SHIのサビのフリ”you are my soul soul~”で腕を上下に動かしながら足を動かす振りがあるじゃないですか。そのフリの動きの大きさを嵐が1soul、普通のJrが1.5soulとすると宮近くん2.5soulくらいのしゃかりきっぷりだった。全国"you are my soul soul~"選手権があったら確実にTOP10には入る。腕の動きでスムージーできそうだし、足の動きでいい蕎麦をうつことができそうだった。Mr.Funk様のすぐそばで踊っていたのでDVDで確認するのが楽しみです。

 

”顔が好みだった部門

①中村海人(Travis Japan)

中村海人くんのことまだ1mmも知れてないと思うけど顔がともかく好きみたいです。

miyabi-night相葉君バックに顔が小さくて遠目千葉雄大くんみたいなかわいい子がいる→大野さんソロのダミーのお着替えの右側にかわいい子がいる→モニター越しに見るMr.Funk様の下で膝ついてイスになってる子がかわいい

⇒結果:全部中村海人くん

私は今まで担当を持つときはまず顔が好み(かわいい)であること、そこからエピソード等を探すようになり沼にはまるパターンでした。自分傾向からしてこれ以上近ずくと危険な香りが漂っています。チビJr相手に中村くん含むお兄ちゃんJrが背中押してぐるぐる回ってる後姿は遠目からでも大変微笑ましかったです。

 

②七五三掛龍也(Travis japan)

かわいい!!!顔がかわいい!!!!!

それ以上言葉がでません。ダンスとかは目の前で見た記憶はほぼほぼないのですが顔がかわいいことだけは知ってる。ジャポコン前公演MCでも名前が出ていた子。わたしがジャニーズを好きでなかったら出会うことのなかった苗字に違いないです。

 

ざっと答え合わせできた子たちがこんな感じでした。ちなみに分からなかったしこの先一生分からないかもしれない部門

・ワイハで嵐が花道からバクステ移動してる際、ハケ際に下手側でバク転していた子

・もうなんの曲かさえわからないけど花道で連続バク転していた子

・日本良いとこ摩訶不思議のJrマンション下手側で、上段1番右の子

もうDVDでも確認できる気がしません。知ってる方いらっしゃいましたら教えてください…。


They武道に関しては相変わらずかっこいい・かわいいのオンパレードに相変わらずのちょっとしたお手振り・ファンサに興奮させていただきました。大野さんソロのお馴染みメンバーのバックは後ろから見ただけでもかっこよさに震えたので、早く映像でみたいです。

Travis JapanはSUNRISE日本で全員でアクロバットを決めた後、ハイタッチしていた姿を見ていいなあと思いましたし2・3人でファンサ目的でなくひたすら五郎丸ポーズをやってるのがなかなかにシュールで笑いました。


Jrがいたことでより「ジャニーズが好きだ」と思える公演だったなあと感じます。今回気になった子たちの事も更に応援していきたい、ジャニオタへとまた一歩大手をかけることとなった幸せ。2015年もジャニーズが好きで良かったなあと胸を張って言えて良かったです。

JUMPing CARnival 福岡 0805 備忘録②

後半も抑えきれなかった感想をつらつらと。
.....
MC後、山田くん岡本くんによるユニット曲314の時計。岡本くんの「今日の山ちゃんの最初の挨拶よかったね〜」と早速マイナスイオンを放つオカモトケイト。山ちゃんの溜めに溜めたサビ部分は会場全体が音を立てずにじっと息を飲んで見ていたのが印象的だった。
山田くんの甘い歌声に酔うことができたので、DVDでは岡本くんのギターもじっくり見たいもの。メインステを見るにはやはり肉眼では限界があるね...。7コーナーも左側のステージでギターを披露していたので双眼鏡を持って来ればよかったと少しばかし後悔をする(実際双眼鏡を持ってきたらギターを触る指ばかり見てパフォーマンスを見落としそうなのでこれはこれでよかったのかもしれない)

 じっくり聞かせてもらったと思ったら会場に鳴り響く不穏な音。モニターに映るのは網で捕まったJUMPさん達と岡本くんを首輪でつないだコマンダーさん。このシーン色々突っ込みたい所が多々あったはずなのにガムテープ口に貼った自担を見て全部飛んでった。白のガムテープで口を塞がれた伊野尾さんはガムテープを一度外してから言葉を発する→再びガムテープで口を塞いでいるのに笑いました。せんせーしょんずさん一人一人の映像の順番が最後SHINOBIギーク→コマンダーの順だったこともあって、やっぱせんせーしょんずさんの中ではSHINOBIギークはかなり力を持ってそうだと改めて思った。SHINOBIはみんなが知らないところで影を潜めて仕事をいっぱいこなしてそうだし、ギークはその手の業界じゃガチ有名人なんだろうな..お金いっぱい持ってそう...。

映像が終わるとJUMPに変わり会場にせんせーしょんず登場。あの素晴らしい衣装&ダンスを生で見れるとは...!最初の立ち位置のファルコンJrとドクターの立膝ポーズが個人的に大好きなのでもうそれが見れただけで至高だった。友人曰く最初のコマンダーの歌い出しの部分、他メンバーは胸の前で腕を交差させて俯いて立ってるシーン、ファルコンJr.がバランス崩してたらしいのだがそれを感じさせずファルコンJrらしい格好良さにしてたとのこと。なんて有岡君を彷彿させる格好良さの詰まったエピソードなのでしょうか。     せんせーしょんずさんのパフォーマンスが終わると再びモニターに牢屋に捕まったJUMPさん達が映し出される。すんなりと解放してくれたりこのあとも会場盛り上げろ的なアナウンスを残していく辺り、コマンダーいい人だね。岡本くんだけ首輪に繋いでたのはちょっと理解出来ないけれど。(ちなみにですが。お着替えタイムをどうするのか少し気になった所、パフォーマンス後映画暗殺教室の予告映像があったのでうまいな〜!と思いました)

  ここでJUMP戻ってきます、TVでたくさん堪能させていただいてたキラキラ光れと共に...!センターステでの9人ラインダンス、個性が出てて和む。裕翔くんの隣ってのもあるけど伊野尾くんやっぱり打点が低い。ラスサビのラインダンスの所で裕翔くんが伊野尾くんの頭に手をのっけてて伊野尾くんいつもより小ちゃく屈んでたのも微笑ましかった。
最後の決めポーズ前のターンで裕翔くんやっぱり他の人より多く回ってて若干集合に遅れてるの可愛かった...と言うか裕翔くん元気すぎない...?

  その後そのまま踊ると思ったら、みんなchau#の王子様衣装に身を包んで出てきたのでびっくりした。ここ3曲の間の着替え忙しすぎる..!
JUMPはシングルで統一された衣装で歌うことがここ最近は多かったのでそれをお披露目出来るのも強みですね。
chau#のダンスを生で見るのを心待ちしていた身としてはトロッコでのお手振りに変わっていたので少し肩を落としたのも束の間、目の前を通る中島くん山田くんに悲鳴を上げる。びっくりしたのが、山田くんは光の反射なのか目の中にカラーコンタクトを入れたみたいにもう一重光が宿っていて”ついに2次元要素が溢れ出て来たか....”と思いながら見上げていた。山田くんは汗まで美しい光放ってた。
次にトロッコに乗ってきたのが高木くん。私個人の中で、今回生で見て一番おったまげた人になります。TVや雑誌で見てるとかっこいいやセクシー(喋るとかわいい)といった印象が強かったところ、トロッコに乗る瞬間の高木くんが異質的な綺麗さで驚いてしまった。言葉に表すのが難しいけれど、この世にあるキレイさではなくて、西洋のお伽話に出てくる魔女のような綺麗さだった。2次に最も近い美しさは山田くんだと思い込んでいたがどうやら違ったらしいとコンサート中頭を殴られた感覚で高木くんの乗るトロッコを目で追った。
最後に曲中回って来たトロッコの中で最もお顔を見れた岡本くん。岡本くんやっぱりかっこよくてキャーキャー悲鳴をあげる。ここで後方スタンドの方に指差ししてからのバーンのファンサをしてたのですが、なんだろう、岡本くんのファンサは見てるこっちが幸せになる気がした。ファンサってよく言えば特別視してもらえた気になるし悪く言えば貰えない方は見てもらえてないような1対1の関係にもやもやする気持ちになることも多少はあったりする。でも岡本くんのファンサは貰ってるファンの子と岡本くんのやりとりが凄く暖かくて素敵な空間に変わってた。優しさとか紳士さとか全部ひっくるめた銃に勝手に被弾した私はまぎれもなく幸せだったと思う。
伊野尾さんのポップでハッピーな2人はキーが高いこともあってギリギリなのがマイク越しに伝わってきたのも滾った。ポップでハッピーな”知念”ってこの日も替え歌してた気がしたけれど空耳だったかもしれない。

 そう言えばあの3人がいなかった..?と思い始めたのも束の間、メインステにドーン、UNION登場!!分かっていたけどかっこよすぎる!!!
そして再び後悔する自分。八乙女君のベースを弾く姿が遠くてよく見えないではないか。。。
中高共に嵐も大好きだったが、バンド好きな友人を持って以来ライブハウスに行っては名前も知らぬベーシストのベースを弾く指を見てため息をついていた自分にとっては大好きなアイドルがベースを弾いていることはヨダレが出るほど嬉しいことだ。生で光くんのベースを弾く姿を良く見れるチャンスだったのに...出来れば指部分をじっくりと見たかった...。
ここは諦めてモニターから見たけど御三方アドレナリンバンバン出てた。3・2・1の部分で有岡くんが手元を映すモニターを覗き込み、指で3・2・1を作ってきた部分確信犯だったけど会場の大部分が発狂するのを抑えきれてなかった。わたしも発狂した。藪さんに関してはモニター越しに藪様っ...(2回目)て泣いたって言えば伝わると思う。
 
ライブハウスに入ったかのごとくテンションが上がった状態になった後、楽しみにしていたJUMPバンド登場〜!アルバム曲ヨワムシ★シューターにノリながら、コンサートが始まる前にぷぅ達に教えてもらったお手振りをサビでやるのですが、めちゃくちゃ楽しい!アルバムの中でも一際夏を感じる曲でテンションも更に上がる上がる。
バンドはもちろんメインステだった為伊野尾さんのピアノを弾く姿どころかモニターでも身損ねたためどんな格好をしてたか分からなかった...ただ知念くんがラフめの格好で「みなさんご一緒に〜!」とやっている姿は世界一かっこかわいかった。伊野尾くんのピアノの近くに高木くんがよくいたことだけは覚えているから映像化されることを願う。

みんなで踊った後は裕翔くんのドラムステージ。裕翔くんの現代に生きる3次元プリンセスな容姿でドラム叩く姿はただただかっこよかった。YUTOMANIAを始める前のぷぅとのやり取りをする中島裕翔の優しい声かけの仕方とのギャップにやられるのも最高。
それにしてもこれ目の前で見たかったな〜。パフォーマンスも見たいし演奏者の手元もじっくりと見たい派なので、いつかJUMPバンドがスタジオで演奏する姿とか固定カメラで撮ってくれたりすることを願う。後は早くジャニーズ楽曲の音ゲーアプリを発売してください。惜しみなく課金します。

 このあと、ペンラを一旦消すという指示が、訓練されたファンにより厳格に守られた真っ暗闇の中センターステージに浮かび上がる光。詳しくは見えなかったけれど、それぞれがライトを持ち息の合った動きによるダンスを見ていてふとOPの映像を思い出す。そうだ、彼らはまだ魔法をかけている途中だった...。歌やダンスが目で見える演出から、目では見えない中で行われる動きに変わることで、また1つ別の空間に導かれる魔法にかかった気がした。

会場の光が灯されるとビトラのお出まし。これも今回披露されると思ってなかったので生で見れたことに感謝。やっぱりコンサート映えするダンスですね。この曲先頭がやぶひかになるシーンを生で見て(こ、これが伝家の宝刀やぶひかかだ、、)と勝手にうんうん頷いてた。やっぱりお2人揃ったオーラはすごい....!裕翔くんのドラム部分はスティックが光る仕様になっていたことでまた頭の中に魔法使いJUMPがよぎる。それは魔法のスティックに違いない。

9人のダンスに圧巻された後は、アルバムより愛よ、僕を導いていけ。コンサート始まる前から雑誌で踊ってるとは目にしていたのでイントロがかかった瞬間にそれはもう気持ちが跳ね上がった。
白の衣装に身を包んだJUMPが胸ポケットから赤いスカーフを取り出して踊る姿を肉眼でみようと必死に目を凝らしていた。小道具を使ったダンスって意外と見てなかったと振り返ると思うので、それも含めて今一度見たい。
絶対エース・山田くんの決め台詞つきの演出は愛に導かれるのではなく、会場中の愛をJUMPへと導いていたと思う。100万回のアイシテルをThank you JUMP...。

さらにラストスパートでダンス楽曲が続き、こんなに踊り続けて大丈夫なのかと勝手に不安になった頃に来るBoys don't stop。メインステに移動して踊ってたけど、それはもうかっこよかった。
ダンスももちろんだけれど、バックに映る映像が特典で別収録して欲しいレベルでかっこいい。蛍光ペイントをほどこしたJUMPが映ってるのですが、サビ落ちの”ぼいぼいお〜どんすとっぷ”の部分の伊野尾さんが妖艶だった。映像ではなくダンスを優先して見てたけど、その部分だけは見逃さなくて本当に良かった。

散々踊った後に大好きな大好きなAinoArikaのイントロが...!AinoArika大好き芸人なのでこの曲一曲に対する感想を散々述べたブログの下書きが今だに残っているが、コンサートで見たことで更に文章を書き足さねばならない気がしてきた。
手振り系だと思い込み、この場で聞けただけで何というありがたさだ〜と感動してたら、ラスサビをバクステで踊ってくれました。もう久々に歓喜のあまり目に涙を浮かべた。地球に生まれて良かった〜〜〜〜〜!!!

コンサート中に涙を浮かべるオタク芸をかましていた所、レジェンドUMP様の登場。おそらく来るに違いないと予想していたが、やっぱり嬉しかった。お昼の放送でかかる度にクラスの子がノリノリで踊っていたり、知念きゅんの『風をきれ(天使の歌声)』の部分はみんな口に揃えて歌っていたあの曲を今目の前で聞いてます。拝啓 あの頃の自分、聞こえていますか?
曲始まりでバクステに残っていた伊野尾さん。バクステ端側に来てくれたと思ったら藪様もやってきたのですが、
あれ、私この構図見たことある.....?
って光景を目にした。藪さんよく伊野尾さんの肩に手を置いてるの見たことあるじゃないですか。(おそらく肘掛的な置きやすさがあるのだろうなと思ってます) それが目の前で行われた。割と普通のことなのだろうが私の脳内は(で、出た〜!見たことあるやつ〜!)って大盛り上がりだった。
伊野尾さん薮さんの方を向くと口が動き始めます。

伊 (あっつい、あっつい)

そっかそっか〜!暑いよね!!こんだけ踊ってたら暑くなるよね!!!
伊野尾さんそれは暑そうな表情で薮さんに訴えてた。早速笑顔で周りに手を振り始めるメンバーがいる中でそれはそれはダルそうな表情だったのでその差がすごい。対する薮さんの口が動いてたかは確認し損ねたが、頷いたのはわかった。うん、分かるよ。暑いよね。これポイントが暑いじゃなくてどう考えても”あっつい”って口が動いてた所ね。暑いと言う感情が口の動きだけで伝わってきた事に非常に興奮した時間だった。
その後も客席を見ながらバクステから移動する伊野尾さん。立ち止まった先にどう考えても目に入っているであろう”慧”と書かれた団扇に一切の反応をせずただなんとなく見渡している伊野尾さん。手を振る訳でもなく、ただ客席を視界にいれながら移動していく伊野尾さん。
ああ、美しい....。
せり上がるセンターステの下側で横になる伊野尾さん。SUPERDELICATEのメイキング「ん〜?ベッド」のくだりを思い浮かべて欲しい。あんな感じで横になってた。岡本さんも加わって2人して横なる姿はコンサートであることを忘れて和みタイムと化した。
伊野尾さんに夢中になっていたけど、ステージ真ん中で有岡くんが誰かに上に持ち上げられていた模様。UMP平和すぎじゃん...??

花道からメインステージに移動して、最後の曲VeryVeryHappy。衣装の詳細が分からなかったけれど、私の目から見たら完全に天使だった。白と水色...?羽生えてる...?
天使の衣装(仮)に身を包んだ山田くんの美しきお顔が映ると、手の上に乗せた羽が吹き飛ばされる。客席に舞い散るたくさんの羽は幸せの象徴だったのかもしれない。
薮さんによる「辛い時、苦しい時があってもみんなの心の中にいるから」と言う挨拶と共に上へと消えていくJUMP。。。
もうさ、空の上の自分の国へと帰っていくようにしか見えなかった。

 美しき天使の姿を呆然と見送るとアンコールの催促が。少しの間を置いて、ドリカムのイントロと共にツアーTに身を包んだJUMPが再び登場。
伊野尾さん頭にタオル巻いてる...!(徹くん♡)
上の階のトロッコに乗り登場してて、遠目での確認になったけどかっこよかった。
 一番印象に残ったのがトロッコで回ってきた藪さん。トロッコ上で笑顔をつくるでもなく手を振る訳でもなく真顔で腕を伸ばし手のひらを向ける藪様。馬車に乗った王が集まった民に挨拶する凱旋パレードを彷彿させられた。
自分の中の藪様フィーバーが抑えきれなくなってきた所で追い討ちをかけるかの如くトロッコから降りる前に笑顔で円を描くファンサをする藪様...ギ、ギャップだギャップだ〜〜!
つづけて藪様がバクステにて放たれたサインボールの話もしよう。花道をこれまた周りを気にすることなく駆けてきた薮さん。バクステにつくとサインボール3つを連続で蹴り出す。これ他公演でも定番になってるみたいですね。サインボールを蹴った後も気にすることなく、すぐにセンターステージへと戻っていく藪様にはトキメキが止まらなかった。

手を振り振りしている内に愛すればもっとハッピーライフに。smartDVDを見てあの可愛い振り付けをやりたいと願っていたら叶ってしまった。
高木くんはバクステにてサインボールをポーンと上に上げてキャッチしてたのがすごく絵になってた。
 ここでトロッコに乗った有岡くんが。有岡くんはキラキラの笑顔を振りまきながら、投げkissファンサをさらりとこなし、またすぐに全体へと手を振る身のこなしっぷり。前半の文章で恋する資格とかないって言ったけどやっぱ止められないわこれ。街で見かけた輝く笑顔は有岡君の笑顔だったんだね、そっか..... .
 トロッコが終わったと思えば、花道で繰り広げられるいのあり劇場。距離があったためしゃべってる内容はわからなかったけれど。有岡くんが先にタオルを伊野尾くんにぶつけ、伊野尾くんも頭に巻いてたタオルを解き有岡くんに仕返しを。そんな2人の間に登場する知念くん。有岡くんが更に応戦しタオルを伊野尾くんの方へ投げると、花道を逸れて落下してしまった模様。どうするんだよと言わんばかりに見つめる伊野尾くんと有岡くんを間で見つめる知念くん。
今度は知念くんvs有岡くんに。2人の間に入ろうとする伊野尾くんの図を見て私の中の慧お兄ちゃんへのトキメキが再発したのでこの劇場はぜひDVDに収録してください。

 さて、アンコールも終わりみんなとバイバイする時間に。この公演の私的MVPとなった裕翔くんの捌け際の一言で締めたいと思います。

中「好いとうよー♡」
(キャー♡)
中「明太子」

2015年下半期は明太子女子が来ることでしょう。解散!!!!


JUMPing CARnival 福岡 0805 備忘録①

”初めて”のJUMPコンに行ってきた。もう帰ってきてからJUMPのことしか考えられないオタクと化してしまった。20歳過ぎてこんなオタクになる日が来るなんて思ってもみなかったけどね。 今回”初”をとにかく大切にしたくて、自分が入る公演までひたすらネタバレ回避したおかげで、何もかもを語りたい非常面倒な状態だが自分への備忘録用として残しておきたいと思う。

 終演後とりあえず自分の思いを綴った携帯のメモを確認すると
『幸せを届けるべく魔法の国からやってきたHey!Say!JUMP達。魔法ももちろん使えるけれど彼等は魔法の力で済まそうとするのではなく、みんなと協力してたくさんの幸せを描いていきます。時間が経ちJUMP達が国に帰る時間になると彼等は本当の姿(天使)を現しました。君主藪の「辛い時、苦しい時があってもみんなの心の中にいるから」と言う言葉と共に空へ飛び立ち、国へと帰っていくのでした』
....
って書いてあった。どうやらかけられた魔法から抜け切れていないらしい。初めてJUMPコンでメンバー全員揃った姿を見て改めて本当に生きていることをこの目で確認したはずだが、本編最後に天に帰ったことで、やはりJUMPには別の世界があるのだと脳が思い込んでる。国に帰る時間が迫ってたと思うとアンコールを1回でもしてくれたなんて本当にありがたい話だ。わ〜JUMPちゃんやっぱり魔法使えるんだね♡って言うOPからどうぞ。

OP
何回も言うけどJUMP魔法使ってたわ。魔法学校入学済みだったのかな?元々魔法使えたのかな?登場するJUMPの名前の表記がハリーポッターの文字表記に激似だったからつい言いたくなってしまう。いずれにせよOP映像トップバッターは安定の知念くんだった。以前、知念くんはJUMPワールドへと誘ってくれる妖精さんだと思うってツイートしたんだけどやっぱ間違ってなかったよね。
この映像途中から映像と会場のライト演出がリンクしてて某夢の国でアトラクション乗る前の導入演出とデジャブしてわくわくが最高潮に達した。あと伊野尾さんがすこぶる可愛かったことはわかるんだけど具体的な映像全然思い出せないので他レポートを読み漁ろうと思う。

 一通りOP終わったらついにJUMPが一列に並んで登場。9人いると一列になった時の迫力が大きいものだと改めて感じる一瞬。
エース山田さんによる煽りからのウィークエンダー!!アルバムの顔とも言えるJUMPing CARでくるかと思いきやまずは会場一帯を掴みにかかってきましたね。サビの振りで会場のライトが一斉に動いてるの見て思わずすげ〜!って言ってた。みんな動き揃っててめっちゃ綺麗だったよ。
 エースウィークエンダー先輩の後は、「待たせたなお前ら」カモナ先輩の登場。DVDで狂ったようにお手振りしてた身としてはついに出来ると全力で挑みました。

存分に楽しんだ後はRWM。まさかやってくれるとは思ってなかったので叫ぶこともできずに息を呑むようにして見た。メインステなので距離があり、全体を見渡すことはできたが、相変わらず頭の悪い私の容量では目で追いつけないフォーメーション移動をしてた。山田くんのソロ”光のない〜”の部分、息が上がりながらも声出してるのが伝わってきてエースってかっこいいなって感じざる終えなかった。

 ダンスを見せつけられてからの、アルバムのお顔JUMPingCAR〜!散々レポで上がってるかと思うんだけど、とにかく可愛かった。9人という人数を生かしたHey!Say!JUMP芸はお見事でした。一人一人がタイヤ、ハンドルといった車のパーツ、知念くんはおそらくフラッグを持ってて9人合わさると車が完成するっていう。その9人合わさった車がセンターステにやってくる姿は多幸福感でいっぱいだった。

 センターステに来たらお待ちかねメンバー紹介楽曲V9!!楽曲発表時から曲がダサい(けど癖になる)って言われてたけど、ダンスもちょっと応援団ちっくだったりで少しダサい。けどやっぱり可愛らしくてこれからコンサート定番になっていってくれると思うと嬉しいね
まず、知念くん紹介パート。出ました!!知念先生のアクロバット!!ひょひょいとできちゃう知念くん本当ジャニーズだわ...。”まじそこいらじゃno.1”を”ジャニーズno.1”に変えて歌っててその通りだと深く頷いたよ。
続く藪くん紹介パートのやぶっち先生による”nanana〜”の部分はわざと高い声で歌っててクスッとさせてくれました。
裕翔くんパートの裕翔くんはステージでひたすら奇抜な動きしてて(これがかの中島裕翔..)ってなった。あの長身から醸し出される動きまじやばいっすね。
伊野尾さんパートで裕翔くんが高木くん&伊野尾さんの間に現れて伊野尾さんが(裕翔じゃなくて)オレオレって自分を指差してたのが良かった。
DJ大貴は他8人が乗るステージに八乙女くんに押されてなかなか乗せてもらえないのが微笑ましかった。
とにかくこの曲の醍醐味『普段呼べない言い方でメンバーを呼べるC&R』は最高に楽しかった。普段口に出すのが恐れ多いエース山田くんを涼介ぇ〜↑↑って言えるのまじ最高じゃん。。。。

散々C&Rした後スパデリ〜!この曲も来ると思ってなかったのでびっくりしました。最初縦一列になってるJUMPちゃんめちゃんこかっこよかった。ライブ演出の2人1組でカメラサービスしてくれるパートではいのちねを見れてまたポップでハッピーな2人かましてるなあと思った。ハッピーをありがとう。
9人の為自動的に1人余ってしまう形に。
余った八乙女くんのキメ台詞が

八「八乙女のここ、空いてますよ」

八乙女ver春日。。。そんなん飛び込んでいくわ...。会場の八乙女担みんな飛び込む気満々だったんじゃない?

 そうこうしてるうちに、出ました、Puppy Boo。コンサート始まる前からステッキ持った演出を見たいという呟きをいくつも見ていたけど、実際白衣装に身をまといステッキを持ったJUMPが一列になって進んでくる姿は惚れ惚れした。
先頭の有岡くんもう笑顔キラッキラッしてて眩しかった。散々ツイッターでリアルに恋したかったとか言ってたけど申し訳なくなったもん。私が恋する資格なんて無かったのだと思わせられるほどの笑顔でバクステに向かって先頭をきってこられる大先生はDVDが発売されたら何度もリピートするところでしょう。
最後の有岡くんの〆、Kiss you はメインステ側を向いてたので表情が見れなかったけれどダンスが後ろから見れてよかった。藪くんスタイルの良さとか舞台慣れしてるとかひっくるめてかっこよかった。 
バクステに移動してきた際、ペトラ組がはけたのだけどいのゆとは同じ側に履けてました。履け場所をちゃんと目視出来る位置は初めてだったのだけれど、ジャニーズって屈んで捌けるだけでもかっこいいんだね...怖いわ〜。

 ステッキダンスに夢中になってる内に例のイントロが。そうです、ペットショップラブモーションのお時間です。センターステがせり上がったと思ったら萌えの塊4人組が登場。
正直着ぐるみとかで登場してオタクになんでだよ!!!って突っ込まれる衣装だと思ってたからその場でいろんなことに感謝したよね。それぞれ耳とかしっぽとかつけて可愛らしいねずみ、ネコ、うさぎ、ワンコになってました。手にチーズやら魚やらにんじんやら骨やら持ってて。もうさ〜〜〜生きててよかった。
伊野尾さんパートで他3人が後ろからわちゃわちゃしてて伊野尾さん笑っちゃって歌えなくなってるの可愛かった。でもちゃんとにゃんにゃんは語尾にハートマークくっつけてあざとさマックスだった。
知念くんも裕翔くんも安定の可愛さだったんだけど高木くんは格好良さ隠しきれてなかった。可愛いって言うかイケメンだった。もしゅぅゃ犬を見ても「きゃ〜かわいいわんちゃん〜♡写真撮っていいですかぁ?」じゃなくて「お写真撮らせていただいてもよろしいでしょうか?」だからな、言葉に気をつけろよ自分。
しっぽフリフリ〜の所で可愛さ爆発してもう衣装がどんなだったか全然思い出せないけど膝から下が見えたことに間違いなく興奮してた。コンサート行く前から憂鬱な月曜日も疲れた帰りの電車でもペトラを聞いて浄化されてた訳だけど、生で見た後のペトラは浄化作用通り越してにやけが止まらなくなるから外で気軽に聞けなくなってしまうという傷跡は残ってしまったけどね。
最後センターステが下がって行く中、会話をしながらステージに持ってた魚を置いてく伊野尾さん。だけどその図が言い難いシュールさに満ちてて置いてっていいものなのか若干動揺した。薄暗い光に照らされた魚が観客の目を惹いてる図ってすごい。

魚に目を向けてるうちに画面に映像が流れます。工事現場で働く高木くん!!小説家薮さん!!魚釣ってる伊野尾くん!!公園でなぜかヘビと格闘する冒険家八乙女さん!!そして寝癖大爆発で今にも居眠りしそうな有岡くん!!!待ちに待ったBESTコーナーじゃ〜!薮さんが小説書くのに苦戦してる素振りをしてるんだけど至る所からかわい〜♡と声が上がってた(わかる)。伊野尾さん、八乙女さんののシーンは笑ってる人多めで有岡くんが映った瞬間キャー♡の声が響きわたる。流石永遠のリア恋枠大先生。あんな警備員いたら会社で働く年上女性が放っておかないでしょ(ただし本人は年下が結構お好きらしい)。
ここからはBEST演劇開始。久々に5人集まることになったらしいその待ち合わせ場所がペトラで置いて行かれたあの魚がある所。地図にでっかく魚が書いてあったのBESTコーナーで一番笑ったと思う。伊野尾さん以外の4人が集まったと思ったら、再びセンターステがせり上がってきて捩り鉢巻きを巻いた寿司屋伊野尾さんが登場。後から知ったのですが、これ前公演までお帽子だったらしいですね。捩り鉢巻きとってもお似合いでした。
冒険家光くんが持ってたヘビを炙りにしてみんなに出す寿司屋伊野尾さんにはJUMPコンでしかお目にかかれないだろうから、今度寿司屋行ったら(伊野尾くんがお寿司やさんだったら...ふふっ)とか妄想働かせて楽しもうと思う。
決まりのコントを進め「スーツで伊豆、、スーツデイズ!!!」のセリフにより今回のBEST曲スーツデイズのお披露目。花道縦一列に並んだダンスが可愛らしかった。いのありパートで2人がニコニコ画面に映るモニターは愛すればもっとハッピーライフが広がってた。この2人のユニゾンが好きなので今後も是非よろしくお願いしたいところ。
いつのまにかバクステにスーツが登場しててスーツ相手にBESTちゃんキャッキャしてるんだけど、藪さんがまるで女性とダンスをするかの如くスーツを操ってさ...もう..藪様....(涙) 
5人とも同じ所から履けて行きましたが相変わらず屈む姿さえ美しかった。

  続く7コーナーはBESTコーナーとの落差に驚いたと思ったら涙を誘う演出が。
まずバックに流れる7メンバーの写真は裕翔くん撮影によるもの。メンバーだからこそ見せれる表情がスクリーンいっぱいに映し出されててもうその時点で幸せすぎて爆発しそうだった。 
ただ前への歌い出しである
ただ前へ ただ前へ 僕ら歩いていこう
ヨロコビもカナシミも やがて花となるでしょう
の歌詞、改めて聞いてたらいろいろ込み上げてしまった。デビュー曲で喜びも悲しみも受け入れて生きていたのが、約8年の時を経て花となると歌うようになったのか。本当にいい曲だね。
ラスサビの”ただ前へ”のフレーズで7が向かい合う形で丸になって順番にお互いを指差すシーンの尊さときたら...。”ただ前へ”と言うフレーズで観客側を向くのではなく、お互いが向き合って前への道筋を示してるように見えた。
最後スクリーンに7の集合写真が映ったと思ったらそこにBESTも加わる演出で〆ると言う...このシーン語り出すと尊いしか言わなくなりそうなので誰か上手い言葉をください....。

 心が色んなもので満たされている中バクステに準備され始めるスタンドマイク。なんという事でしょう、多くのファンが今回期待していた
我 I need you。
まさかスタンドマイクでくるとは思わないじゃないですか!?!? 追い討ちをかけるかの如く伊野尾さんに言われるのを待ち焦がれていたセリフ

伊「その唇 奪っちゃっていいですか?」

うわ〜〜〜伊野尾くんが!!唇奪っていいかだってさ!!もう全身全霊いいですよって叫んだよね。これ後世に残すべき最高のC&Rとして認定しよ?
前列知念くん有岡くんの間後列センターの伊野尾さんの構図だったんだけど、知念くんのどれだけ踊っても崩れないアイドルスマイル、キラキラの笑顔を溢れ出してる有岡くんの間で優雅さを醸し出して踊る伊野尾さんの構図を写真に収めておきたかった。
 ここ後半でスタンドマイクからマイクを外すのですが、伊野尾さん最後にマイク外してたんですよ。で、外した時に真上を向いたその姿が本当に本当に美しくて。
それ見たらペンラや団扇を振る手が動かなくなってただただ棒立ちになってしまい、漫画「ハチミツとクローバー」に出てくる竹本くんが恋に落ちるシーンを体現してるかのようにただただ伊野尾さんを目で追うことしか出来なくなってた。多分、私はコンサート中に改めて恋に落ちたのだと思う。
 もう一つ伊野尾さんの話を。バクステで何かしらのファンサ団扇を見つけたのだと思うのだけど、手をひらひらさせて『無理無理』ってやってた。。。それもヘラヘラっとした素敵な笑顔で。ファンサに無理ですって言ってる姿が世界一可憐ってどうなってるの伊野尾さんの世界....。

 美しきものに充てられてしまったために明日へのYELLでタオルを回すことができなかったことは少し後悔している。しかし会場全体がタオル回してる光景もコンサートの素敵な光景だった。

ここでMCへ。
MCの殴り下記メモ
・ JUMPが「これからMCを始めたいと思います」を合図にタイミングよく座り始めるファン。なるほど、お座りくださいって言われるのを待つのではなく空気を読むシステムか
・早速話し始めるのは八乙女くん。それに応えるのは薮さん。両端がまずは先陣切ってく姿がやはり頼もしい
・八乙女くんがめずらしくご飯をいっぱい食べているという話。

薮「ヒカルはもっと食べたほうがいい」

......薮さん、あなたもね。

それを聞いてた伊野尾さん

伊「デブにまっしぐらじゃん」

この言葉、八乙女くんに向けられたものなのに、自分の脳がはっきりと録音してくれていた模様。デブまっしぐらの自分に向けたダイエット用ボイスとして覚えておくね。

・明日へのYELLでタオル回す話。腕痩せしそうとかなんとか。ここで裕翔くん

中「タオルの粒子がすごい」
    「バサバサ飛んでる」

ゆ、裕翔くん...!個人的にバサバサって言葉を使うところが裕翔くんポイント高かった。

・八乙女くんがおデコに巻く黒いバンドの話。汗がすごいけど巻くと巻かないでは全然違うらしい。「ランボー?」って突っ込まれてるのがじわる。
・ファンが持つ団扇が実は重いと話す八乙女くん。以前ファンに団扇を借りて、逆にファンにファンサをやらせようとしたら想像以上に重かったらしい

24hTV関連の話。
・事前番組で沖縄にいる岡本くんと中継した知念くんの話。あの圭人りんは私の中のマイナスイオン源映像として定期的に摂取するね。
・それをTVで見ていたらしい伊野尾さん。「圭人のエイサーがグタグダだった」スタジオも圭人頑張れと言っていたと知念くん。みんなに突っ込まれる岡本くんに「その場で急にだったからね」とフォローを入れる伊野尾さんすごく伊野尾さんらしかった
・伊野尾さん出演のメレンゲの話。あさこ姉さんから聞いたところケチとか言ってたらしいじゃないか、と八乙女くん。
伊「言うわけないじゃん〜」
すぐに嘘つけ!と突っ込まれる伊野尾さん。服がジャージだったりするから、お金をあまり使わないってニュアンスと説明を足す。
番宣
・ピングレの話

八「1人で2人の役を演じるって大変じゃない?」
中「(言葉を選んだ挙句)書いてあるからね、台本に

ゆ、裕翔くん...!! (マジレス)
MCみて改めて思ったのが裕翔くんの真面目に、一生懸命話すところがすごく好きだ。

・やまけとお着替えではけた際、途端にさっきよりコンパクトに集まるJUMPちゃん

・着替えから戻ってきた2人。
岡「俺のイスにバナナ置いたの誰?」
と片手にバナナ(それも束のやつ)を持った岡本くん。裕翔くんに「ゴリラ...じゃねーや、圭人」やら、「似合いすぎ」「自分で置いたんじゃない?」とメンバーに弄られる。
どうせいのちゃんでしょ、と伊野尾さんに矛先が向かうとそれを受けて
伊「(ぷりぷりしながら)じゃあ、圭人は俺だと思うの?」
謝ったほうがいいよ、な流れから

岡「Soory Kei」

流れが出来てるだと...!? ワクワク学校からだろうか、嵐兄さんたちありがとう!
結局犯人は伊野尾さんだった模様。捌ける際知念くんの頭にバナナをのせる。そのまま捌ける知念くん。ポップでハッピーな世界だな。

話の内容以外で気になったのが、24hTV関連の話が始まるまで伊野尾さんがずーっと水を飲んでいたこと。一気に飲まないからなのだろうか。

メモ能力が劣っているためにあまりにも箇条書きになってしまい伝わりずらいと思いますが、JUMPのMC面白かったです。なぜバナナがあっのか疑問を残していったけど。みんなバナナ食べるのだろうか。そもそもなぜ伊野尾さんは岡本くんのところにバナナを置こうと思ったのか。 リトラでいのちねが一般男子代表として購入していたそびえ立つナスと同じくらい知りたい。意味なんてないのだろうが気になる所。


………
想像以上にあっという間の前半戦。見所盛りだくさんの後半戦に続きます。